不安のないように|処女膜再生はまず処女膜のことを理解してから
婦人

処女膜再生はまず処女膜のことを理解してから

不安のないように

困る女の人

処女膜再生にはいくつかの手術方法があります。どのような手術方法があるのか見ていきましょう。
「プチ処女膜再生」という手術法は、避けた膜を医療用の自然に溶ける細い糸で縫い合わせる方法です。すぐにできる手術で、性行為をすると縫った部分が切れて出血が起き処女のときの感覚になれます。しかし手術を受けてから1週間以内に性行為を行わないと意味がありません。「縫合手術」は、プチ処女膜再生のように縫い合わせる手術ですが、より処女の状態に近づけることができます。効果も長く、1か月ほど続きます。しかし、性行為を行えるのが手術後約1か月は待つことになります。「レーザー手術」レーザーを使用して避けた部分を縫合する手術です糸などを使用しないので自然に再生することができますが、頑丈にしすぎると性行為をすることができなくなる可能性もあります。
手術方法によってそれぞれメリットとデメリットもありますが、費用や術後の生活にかかわることもあります。まずは担当の先生に相談をして、自分の処女膜がどのような状態でどのような手術方法が合っているのかを確認しましょう。また、手術にかかる時間はどれもそこまでかかりませんが、実際にかかる時間の確認や費用についても聞いておきましょう。手術の進め方なども聞くと不安感なく手術を受けることができます。処女膜再生を考えている人はしっかりとその内容やリスクなどを把握して、自分に合ったクリニックで相談しましょう。